すぐ乗れる!子供の自転車補助輪なし練習には幼児アシストバーがおすすめ♪

子供の自転車の練習、何歳くらいからはじめましたか?

だいたい4~5歳くらいで補助輪なしの自転車に乗れる子が多いんですが、我が家は共働きで、子供が自転車に乗れるような公園が近くになかったので、なかなか練習する機会がありませんでした。

6歳の頃、もう小学校に入るのに「さすがに補助輪つきではいけない!」と思い、補助輪なしの練習しようとしたところ・・・。
たった、100メートルを数回走ったくらいで、私たちの体がもたなくなってしまいました。

と言うのも、小さな子供の自転車の後方部を持って、中腰の姿勢で一緒に走ることに無理があったのです。
変な姿勢で走ったので、何日も腰が痛くなってしまいました。

ちょっとこの自転車の練習のやり方では、大人である私たちの方が無理なので、『幼児用アシストバー』を使うことにしました。

『子供の自転車の練習方法』はいくつかあるようなので、あわせてご紹介しますね。

幼児用アシストバー(手押し棒)をつける方法

友達にどうやって自転車の練習をしたのか聞いてみると「自転車に補助棒の取っ手をつけたら、すぐに乗れるようになったよ!」と言われたので、早速買ってみました。

よく子供の自転車についているのをみかけますよね。

しばらくは、幼児用アシストバーを持ったまま、親がずっと走ることになりますが(笑)、徐々に手を離していきます。

怖がりな子は、手を離していても「ちゃんと、持ってるよ~」と言うと安心して練習しますよ。

2~3時間も練習すれば、補助輪なしの自転車に乗ることができる子供も多いと思います。

うちも、すぐに乗ることができるようになりましたよ♪

幼児用アシストバーはどんな自転車に取り付けできるの?

幼児用アシストバーは、海外製の自転車には取り付けができない場合がありますが、ほとんどの14~18インチの補助輪付自転車に対応しています。

18インチだと、だいたい身長125cm(8歳くらい)まで使えるので、それくらいまでには補助輪も取れてるでしょう。

かじとり機能はついていないので、ハンドル操作は子供に任せることになります。

また、荷台は外さないと取り付けはできないので、自転車によっては、サドルが下まで下がらなかったりもしますので、ご注意くださいね。

幼児用アシストバーの取り付け方は?

幼児用アシストバーの取り付け方は、こんな感じです。

1.シートピンをゆるめる

2.後輪のハブ軸名っとをゆるめる

3.アシストバーの左右ステーを固定する

4.アシストバーの取り付け部をハブ軸に固定する

5.シートピンをナットで締め付ける

6.左右のハブ軸ナットを締め付ける

なんだか文字で書くと難しそうですが・・・レンチがあればできると思います。

ちなみに、15mmのレンチを使って、20分程度でできました。


レンチがない家庭も多いと思いますが、近くの自転車やさんでも取付してもらえると思います。

こちらのショップで自転車を購入した場合は、幼児用アシストバーがついた状態で届けてもらうことも可能です。

自分で取り付ける手間も省けますし、補助輪がついていてもハンドルやブレーキ操作に慣れていないので、急な飛び出しなどのためには、つけておいた方が安心ですよね。

幼児用アシストバーの口コミは?

・子供と自転車を支えるのは難しいですが、アシストバーを取り付けたので、安全に練習できました。

ゆるい下り坂などでも、安心して練習させることができました。

・子供も安心して乗ることができると思うので、おすすめです。

・プッシュバーがあるどうかは、幼児の自転車選びの重要なポイントです。

腰を曲げずに自転車の練習ができるので、大人には必需品です!

・親の負担が少なくなったので、よかったです。

・大人にはもう少し長い方が使いやすいです。

・荷台のかわりにアシストバーがつくと知らなかったので、ちょっと取付時に迷いました。

自転車のペダルを取って練習する方法

幼児用アシストバーを買う前に、まずは自転車のペダルを取って練習してみてもいいかも知れませんね。

自転車に乗ったことがない子供や、補助輪付きの自転車しか乗ったことがない子供が、いきなり『バランスを取りながらペダルを漕ぐ』のは、とっても難しいので、まずは自転車のペダルってみて練習する方法です。

まず、足で地面を蹴って前へ進み、バランスをとる練習を繰り返し、同時にブレーキをかける練習もするんですが、うちの子は、ペダルを外して練習させてみてもだめでした。

今まで補助輪をつけていたので、その感覚で乗ってしまうのと、あとは怖がりな性格っていうのもあると思います。

最近流行っているストライダーや、ブレーキ付きのバランスバイクで慣れている子だと、きっとすぐできちゃいますね!

慣れてきたら、ペダルをつけて漕ぎながら進んでみます。

漕ぎだす瞬間だけ、後方部を持ってあげるといいと思います。
あとは、ペダルなしで練習した時のバランス感覚が身に付いているので、フラフラしながらも乗ることができます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

子供の自転車の練習で、幼児用アシストバーを使うのはほんと数時間なので、購入するのがもったいないと考えるかも知れませんが、うちは購入して大正解でした!

あのまま練習を続けていたら、親の湿布代や病院代の方が高くついていたでしょう。(笑)

もう今は幼児用アシストバーは必要ありませんが、子供が自転車から降りた時、自分で自転車の向きを変えやすいようなので、つけたままにしています。

【子供におすすめのグッズはこちらです♪】

最近の子供達は、学校が終わっても塾やお稽古など忙しく、昔のように学年を超えて、公園でゆっくり遊ぶ時間がないので、以前なら普通に身に付いていた運動能力が低下し...
ある日突然、子供が「お風呂入るのいやだ~!!」となって、手を焼いてしまったことはありませんか?何度言っても入らず、時間だけが過ぎていくので、毎日のこととなる...
幼稚園や保育園で使う女の子の水着を選ぶ時に、『セパレート』か『ワンピース』か迷いますよね。ビキニやタンキニなど、セパレートの方が子供らしくかわいいイメージで...

お買い忘れはありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする