くもんのロジカルルートパズルで遊んでみた♪子供のプログラミングにおすすめ教材!

先日、『所さんのお届けモノです』のテレビ内で、東京おもちゃショー2018の特集がありました。

その中で紹介されていた『くもん出版のロジカルルートパズル』

直線と交差のピースを使って、5色のボールが同じ色のゴールに入るように考えるシンプルなパズルゲームです。

この『ロジカルルートパズル』は、楽しみながらプログラミングに必要な論理的思考を自然と身につけることができるんです。

プログラミングと言えば、2020年から小学校でも必修化される教科なので、少しでもプログラミングに必要な考え方に触れさせておきたいですよね。

「大人も子供も一緒に遊べて、とっても楽しそう!」と、テレビを見てすぐにネット通販で探してみると、ヨドバシやアマゾンで売り切れていましたが、楽天で購入することができました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロジカルルートパズル ([教育用品])
価格:3564円(税込、送料無料) (2018/8/12時点)

発売日は、2018年7月下旬。

発売されたばかりの新商品なので、今は品薄になっていますが、そのうちお店でも手に入れることができると思います。

値段も手ごろなので、2018年のクリスマスのプレゼントのおもちゃとしても人気になりそうですね。

そこで今回は、『くもん ロジカルルートパズル』のセット内容や、遊んでみた感想をご紹介したいと思います。

『くもん ロジカルルートパズル』のセット内容は?

セット内容

・ボードx1台

・スターターピース(青)x1個

・直線ピース(白)x12個

・交差ピース(黄緑)x12個

・トンネルピース(青)x2個

・問題用直線ピース(黄)x3個

・ボール:10個(赤・黄・緑・水色・紫x各2個)

・問題集

ボールは普段遊ぶときには5個しか使わないのですが、10個ついているので、失くしてしまっても安心して遊べますね。

基本的にくもんのおもちゃは、パーツを紛失や破損した場合、問い合わせをしたら有償で取り寄せることができます。

ボード本体は軽いですが、約22x32cmとちょっと大きめです。

パーツはもともと段ボールの箱に入っていたのですが、たくさんあるパーツを毎回箱に並べて片付けるのも大変なので、わが家では大きめのジップロックに入れています。

で遊んでみた感想は?

このパズルは問題集に沿って遊んでいき、レベルは1~6まで、60問あります。

まずは、レベル1

ピースをはめるのは1段だけなので、簡単です。

対象年齢は4歳からとなっているので、だいたいそのくらいの年齢の子供だとできると思いますよ!

子供はボールを転がすのが好きなので、すぐに興味をもつと思いますし、はじめのうちはよくルールがわからなくてもすぐに上手になるでしょう。

「大人だと、結構、簡単にできるな~」なんて思っていましたが、レベル6はなかなか手強いです。

ボードの6列すべて与えられたピースだけで、ボールを正しくゴールさせるのはかなりの難問です。

間違えたら、もう一度、ピースの種類や配置を論理立てて考えなければいけません。

ちなみに、わが家の6歳の子供は、購入した日にレベル4までいけました。

集中して考えて、できた時には達成感を味わうこともでき、大喜び!

成功した時には、親も一緒に喜んで褒めてあげるといいですね。

そうすることで、「次の問題もやる!」と意欲的になっていきますよ。

『くもん ロジカルルートパズル』の口コミは?

・ゲーム感覚で学べるので、とってもいいおもちゃです!

・問題集の通りにしなくても、自由にルートを作って遊ぶこともできます。

・大人から子供まで、長く遊ぶことができるのでおすすめです!

・成長ごとに違う遊び方ができるので、プレゼントにもおすすめです。

・論理的思考力を楽しみながら高めることができそうで期待しています。

さいごに

いかがだったでしょうか?

『ロジカルルートパズル』は、大人でもとっても難しいので、長く楽しめるパズルです。

でも、子供は慣れてきたら、ササ―っと完成してしまうんですよね。

テレビゲームなどと違って、頭と手を使って親子で遊ぶことができるので、とってもおすすめです♪


お買い忘れはありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする