メルシーポット新型S-503は新生児もOK!使い方や口コミは?

3歳くらいまでの幼児や赤ちゃんは鼻をかむことができないので、鼻水が長引き、よく眠れなくてどんどん機嫌も悪くなり・・・見ている方も辛いですよね。

風邪で耳鼻科や小児科に行くと「また、鼻水吸いに来てくださいね~。」なんて、かるーく言われますが、お仕事をしてるママにとっては、病院に連れて行くだけでも、お休みを貰って行ってる訳ですし、これから子供の病状次第でまたお休みが必要かも。。。と気が気じゃないですよね。

とても『鼻水を吸いにいくだけ』では、病院に行けません。

でも、『鼻水を吸う』ことによって病状が早く治ったり、予防できるのも事実です。

そんな時、とっても便利なのが自動鼻水吸引機『メルシーポット』です。

価格が「ちょっと高いかな」と思いつつ・・・しょっちゅう病院に行けないのだから仕方ないと思い、我が家も買いました。
数年前のことなので、今より前の機種ですけどね。

それ以前は、親が口で吸い込むタイプのものを使っていましたが、子供の鼻水に含まれるウィルスが原因で、何回も病気が移りました。

『メルシーポット』を購入してからは、病気があまり移らなくなったので、買って良かったと思っています。

そんな『メルシーポット』ですが、0ヶ月の新生児から使う事ができ、育児雑誌やインターネット通販でも大人気です。

楽天の公式ショップでは、以前の機種から合わせると9000を超える口コミが寄せられ、満足度も5点満点中、4.4以上ととても高くなっています。

楽天のベビー用品ランキングを見ると、いつ見ても1位ですよね!
↓ ↓ ↓ ↓

CHECK !>>ベビー用品人気ランキング《楽天》

そこで、今回は新しくリニューアルしたメルシーポット新型S-503の使い方や口コミをご紹介します。

メルシーポット新型S-503の使い方は?

動画を見てもらうとわかるのですが、スイッチを入れて、ノズルを赤ちゃんの鼻に入れるだけなので、とってもシンプル!

機械が苦手な方でも簡単にできます♪

メルシーポットの新型S-503の特徴は?

吸引力がパワフルになった

メルシーポットの吸引力は耳鼻科レベルです。

ニューモデルでは新発想『ベビちゃんクリップ』が登場し、吸引パワーをためてから、一気に吸引できるので、奥にあるしつこいネバネバ鼻水もすっきり取れます。

お手入れが楽になった

部品はすべて取り外して丸洗いできるので衛生的です。

ニューモデルになり、更に部品が減ったので、忙しいママにもぴったりですね。

価格が安くなった

多くの赤ちゃんとママに使って欲いとの願いから、旧商品より3000円安くなりました!

オムツ代など何かと出費がかさむ時期なので、これは嬉しいですね♪

大きさがコンパクトになった

吸引力はそのままで、高さはペットボトルより小さくなりました。

重さも旧モデルよりは軽くなったので、赤ちゃんを抱えたまま、片手でも軽々持ち運びできますよ~。

旧商品は角ばっていましたが、丸くなったフォルムも優しい感じでいいですね。

安心の品質で、サポートもバッチリ!

厳しい検査基準をクリアした商品で、ノズルも赤ちゃんの健康に配慮したものを使用してるので安心です。

使い方などで困った時はお客様サービスセンター問い合わせすると、いろいろ詳しく教えてくれますよ~。

メルシーポットの新型S-503の口コミは?

・新型は吸引力の調整がないことが不安でしたが、十分な吸引力でした!

・今まで、寝苦しそうでしたが、メルシーポットを使った後は、気持ちよさそうに寝ています。買ってよかった!

・ニューバージョンなので、部品も少なく、洗うのも楽です。

・耳鼻科や小児科に頻繁に通うことがなくなり、親の負担が減りました。

・3歳5歳の子供に使うために買いました。
鼻水が出だしたらすぐにメルシーポットで吸ってあげると、中耳炎や蓄膿症になる頻度が減りました。

・高額なのでずっと悩んでいましたが、ぐっすり眠れるようになり、もっと早く買ってあげればよかったと思いました。

・コツをつかめば、短時間で終わり、子供もごきげんになります。

その他の口コミはこちらをご覧ください♪

↓ ↓ ↓ ↓

CHECK !>>『メルシーポット S-503』の口コミはこちら《楽天》

私が『メルシーポット』を使ってみた感想

うちの子は、喘息と滲出性中耳炎で何年も鼻水に悩まされ、こまめに鼻水を吸引する必要がありました。

病院に行く時間や、病院に行くことによって他の病気が移る二次感染のことを考えると、『メルシーポット』は決して高い買い物ではなく、買ってよかったと思っています。(使っていたのは、メルシーポットの旧型です)

鼻水を吸引する時は、ほとんどの子供が嫌がりギャン泣きすると思うので、短時間でササーっと終わらせるのがコツです。

そのためにもパパとママ2人組で、ひとりが体全体を抑え、ひとりが吸引する感じがいいかも知れません。

しかし、子供が大きくなってくると、抗う力の方が強くなり、力ずくで吸引するのは難しくなってしまうので、自分でノズルを持たせ、やらせてみるのもおすすめです。

上手く鼻水を吸引するのは結構難しいのですが、鼻水がよくとれる角度があるので、ノズルで探る感じになります。

透明の長いノズル『ボンジュール』の方が奥まで入るので、後で買い足しました。

ただ、あまりやりすぎると鼻の粘膜を傷つけるようですので、1日数回と決めておくと良いでしょう。

お風呂で温まると鼻腔が湿って吸引しやすいですし、寝る前に吸引すると、呼吸が楽になって熟睡してくれます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

家でいつでも鼻水を吸引できる『メルシーポット』は、「鼻がでてるな」と気づいた時にすぐに使うことができる手軽さがあります。

0歳児から大人の花粉症やアレルギー鼻炎などにも使うことができるので、1家に1台あってもいいのかな。と思いますよ。

【赤ちゃんにおすすめのベビーチェアやおもちゃはこちらです♪】

赤ちゃんは生後5~6ヶ月になると離乳食がはじまり、座って食事の練習をするようになりますが、その時必要になってくるのが『ベビーチェア』ですね。『ベビーチェア』...

マンションやアパートの室内などでも使える折りたたみ可能なジャングルジムは、「部屋が狭いので置けるかな?」と考えるパパやママも多いと思いますが、うちの子供はと...

子供達が大好きなごっこ遊びのひとつに『おままごと』があります。昔は、『女の子の遊び』と言うイメージが強かったですが、今は、男女関係なく協力しながら家事を分担...

お買い忘れはありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする